静かな世界を求めて

「万物は不変である。」

これは哲学者パルメニデスが残した言葉である。哲学者が名乗りを上げて、万物を水だの、尺度だの、数字だのと好き勝手言っていた時代に、パルメニデスだけは冷静に、理性的に、「万物は不変である」と結論付けたのだった。

結局のところ、万物が不変かどうかは、この世界を見ればわかるように荒唐無稽な話である。
同時代に活躍し、「万物は流転する」と唱えたヘラクレイトスと同様、「万物」を何かに規定しようとしている時点で、現代を生きる我々の感覚からすれば、突拍子もない論理である。
我々は原子論を知っている。原子はさらに電子や中性子、さらに素粒子や反物質によって説明されることも明らかになっている。そして、絶対的だと思われていた宇宙すらも、あと何百年もすればその起源が明らかになるだろうということも容易に想像できる。
その時代を生きる我々が、「万物は不変である」と唱えても、たちまち批判されてしまうだろう。
パルメニデスはもちろん紛れもなく2500余年前の人物であるし、彼の業績は、「万物を感覚ではなく論理を用いて説明しようとした」という歴史的事実と言えてしまう。

私は残念ながらパルメニデスにもヘラクレイトスにもあまり詳しくはないのだが、この「万物は不変である」という言葉にとても心酔してしまったのだ。
どちらかと言えば、私はヘラクレイトスのいう「万物は流転する」という表現を支持している。というのも、私は少し相対主義的な立場を取りがちなせいもあるが、現代の科学の変遷を観察すれば、例えば原子は「観察される前は波として存在し、された瞬間から粒子となる」という流動的な存在であるというコペルニクス的転回を用いた理解をしなければならない。残念ながら、「万物は流転している」。

私が先ほどからどうして「残念ながら」という言葉を使用しているかと言うと、それは私が最近、「世界など止まってしまえ」と思っているからである。
世界がとめどなく流動していると思えば思うほど、私はその流れにうんざりしてしまう。
とめどなく流れる時間の流れ、時を共にしている相手の感情の変遷、目まぐるしく変わる景色が私を疲れさせる。そして世界は大きい。私の力ではどうしても止めることはできない。

強大な世界を実感すればするほど、私の絶望は大きくなる。万物よ、止まってくれないか。

人生は長いようで短いが、短いようで長い。時の流れは速いようで遅いし、遅いようで早い。この間2016年になったばかりかと思えば、まだ12月に入って3日しかたっていないのかといったような気分である。全てが曖昧で、不定形だ。形を決めるのは、私だ。

結局古い人間たちの凄かったところは、実証的ではないにしろ、思考という枠組みだけで原子論に行き着いたことである。デモクリトスは、原子(アトム)の存在を予言したし、ルクレティウスという詩人でさえも、原子の考え方を示すような文書を残している。
私はもちろん自分で考えたわけではないが、確かにこのように流れゆく世界で行き着く答えは原子論だろうと思う。そのくらい、この世界はめまぐるしく動いているのだ。

画家は、自然を表現するために、写生的な絵を描くことではなく、抽象画を選んだ。インスタレーションはまさしく、その作品自身が自然の動く方向に身を任せている。世界は静的なもので決して切り離せないダイナミズムを内的に含んでいる。
私たちは、世界のダイナミズムに屈服しているのだ。

インターネットが人智を超えたところで急成長している。もはや電脳世界を支配する人間などいない。しかし、インターネットがわかりやすいモデルとなっているだけで、本当はインターネットだけではない。世界はもう、人間の手から離れてしまった。

しかし、世界が動くのは、個である人間があくまで動かしているからということを決して忘れてはならない。世界は人間なしでは動くことはない。あくまで人間が世界を規定しているのであって、世界が人間を規定しているわけではない。私たちにはまだ希望はある。

さあ、みんな、息を、止めてくれ。

広告

小雪 について

「愛」の概念について探求している、某国立大学の学生 プラトン、アリストテレス、アウグスティヌス、ベルナール、トマス・アクィナス、スコトゥス、パスカル、キルケゴール等の様々な思想家、 フロイト、ユングといった心理学者、 ユダヤ教、キリスト教などの宗教について広く調べています。 最近では、自由意志の認識がもつ社会的影響など実証的な研究にも興味が出てきています。 長らく哲学を専攻していましたが、心理学に転向することを考えています。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中